雨のち晴れ人生やりなおし日記 ☂アメハレ☀

人生前向き、時々後ろ向きな日常

癒し

連休二日目。

 

快晴に恵まれ、街の駅構内はスーツケースを持った観光客であふれかえっていた。

 

ほとんどの人がマスクをしているが、たまにマスクを外している人も見かけるようになった。

マスク生活が二年以上経って、マスクありの生活に慣れてきてしまったが、たまに外で私もマスクを外して、深呼吸をする。

 

外の空気の香りって、こんなにおいしいのかーと思ったり、不織布から空気を通さずに

直接鼻から入った空気を肺に取り込むと、体が生き返る感じがする。

 

雑貨屋にいくと、お香やアロマを焚いていたりするが、それもマスクをしているのであまり感じない。香りを確かめる為に、マスクを外す。

 

ここ2年の間に嗅覚が落ちてきているような感じもする。

 

無印良品」でアロマを買おうと思って棚を見ると、アロマ棚の前に50代くらいの男性が座って、一瓶ずつ、香りを入念に確認していた。

 

男性がアロマにここまで、興味があるのはあまり見たことがなかった為、しばらくその様子を観察していた。

というか、私が見たいアロマも手に取れないのだ。隣に大きなリュックを置いているもんだから。

 

何だろう・・・調香師の仕事でもしているのかな・・・と思うくらい両手でそれぞれに小瓶を持ち、時間をかけて香りチェックをしていた。

しばらく私の存在に気づき、その場を離れてしまった。あ、申し訳ない・・。

 

アロマデュフューザーやアロマオイル、お香。「香りに包まれる生活」というのは

本当に贅沢で、癒されるのである。

入浴剤の代わりに、アロマオイルを数滴たらしたり、ティッシュに落として枕元に置いたり、あと、私は年賀状や手紙をたまに書く時も、アロマオイルや香水をほんの少し

落とす。

 

以前、関東に住んでいた頃、毎回同じ日本郵便の宅配の人(女性)が来てくれていたのだがある日、その人が「本当にここ、すごく良い香りしますよねー、行くたびに癒されてます。」と笑いながら話してくれた。

 

香りを褒めてくれた、ただただ嬉しかった。そっかー癒されてくれてるんだ。

 

今は一人暮らしに戻っているが、玄関やトイレや寝室にも香りは欠かせない。

 

「KEYUCA」で、ローズゼラニウムと、寝具にかけるラベンダーメインのスプレーを購入。

 

 

玄関には3COINSで買ったアロマストーンを置いている。ベッドサイドにはアロマポットを置いて、毎日ラベンダーを焚いている。

 

ローズゼラニウムの効能

ホルモンバランスを整える、自律神経を整える、リラックス効果。

疲労感、無気力やストレスといったマイナスの心理状態にとても良いらしい。

 

離婚を考えていた最中、私はこのアロマの香りに助けられたのである

 

香りで思い出したが、元主人は柔軟剤の香りに強いこだわりを持っていた。

「ランドリン」でなければならなかった。ランドリンは香りがとても強く、本当に香水のような香りがずっと続く。

人気商品であるが、個人的には香りが強すぎたのである。

 

この間大きなタオルケットを実家で見つけた。するとあの「ランドリン」の香りが・・。まだ染みついている・・。実家では使っていない。向こうの家で洗濯をして実家に段ボールを送ったものだ。

 

ランドリン柔軟剤のタオルケットを嗅ぐと、元主人のことを思い出す。もう一回違う柔軟剤で洗い直した。

 

香りと記憶は密接である。香りで、記憶が蘇るのだ。

 

そう思いながら、今日はローズゼラニウムと、アロマスプレーで癒されようと思うのだった。